債務整理を相談する

書類作成もお願いできる

債務整理の具体的な流れは、以下のようになります。最初に弁護士に債務整理を依頼する際には、依頼者は弁護士に借入状況や収入状況などを伝えます。すると弁護士は、どの方法で債務整理をすべきかを提案してくれます。依頼者がその提案に納得できれば、それで具体的な方法が決定するのです。そうしたら、依頼者は弁護士のアドバイスに従って必要書類を作成したり色々な準備をするのです。そしてその準備が終わったら、弁護士が実際に債務整理の手続きを進めるのです。

最近では借金問題の無料相談を受け付けてくれる弁護士事務所も多いですので、まずは相談することです。ちなみに初回に相談する段階で、債務整理の方法を提案してくれる事務所も多くなってきています。

関連資料≪債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所≫

ところで債務整理とは、極端なことを言うと自分一人でも行うことは可能です。それに、もしも全ての手続きを自力で行うのなら、数万円くらいの費用で済んでしまうことが多いと言えます。しかし法律関係の難しい書類を全て自力で作成出来る人など滅多にいるものではありません。それに無理して作成してもミスの可能性は大きいと予想されます。書類作成で何か間違いがあると後で大変困ったことになってしまいますので、やはり弁護士と共に手続きを進めるのが賢明でしょう。