債務整理を相談する

過払い金も含めて検討

Posted on 17.01.14 by 管理人

債務整理には、任意整理と特定調停、個人再生と自己破産、それに過払い金請求などの方法があります。それぞれの方法にはメリットとデメリットがありますので、まずは弁護士とよく相談して、自分に最適な方法を一つに絞ることから始めましょう。ただし自己破産だけは、最後の手段と心得ておくべきだと言えます。それはメリットが大きい反面、デメリットも非常に大きいので、他に方法がない場合のみ選択すべき方法です。

いずれにしても、どの方法を選ぶにしても忘れてはならないのが過払い金請求です。過払い金請求とは、債務者が利息制限法の上限金利を超えて利息を支払った場合、払い過ぎた利息を債権者から取り戻すことです。これは通常、任意整理の一環として行われています。しかし他の方法を選択した場合でも、一応はチェックしておいたほうが良いでしょう。

もちろん、過払い金請求に該当するような返済が全然なかったような場合はチェックは無用です。しかし可能性があるのなら、過払い金を含めた上で債務整理を検討すべきです。そのことは弁護士も心得ているはずですので、今までの借入先や借入額、それに借入時期や今までの返済状況を弁護士に詳細に報告して、自分が過払い金に該当するかどうか相談しましょう。